スカラの「i-search」

スカラの「i-search」

梛野憲克氏が代表を務める株式会社スカラの提供しているサービスの一つに、「i-search」というものがあります。これはサイト内に設置する検索エンジンで、これが設置されることによりユーザーは、サイト内で求めている情報を、キーワードから検索することが可能となります。

 

企業などの公式サイトにおいてサイト内検索を導入することには多くのメリットがあるようです。例えば、探している情報を発見しやすくなることによるユーザビリティの向上。探している情報を得られないユーザーが離れてしまう機会損失の抑制が大きなメリットとなるでしょう。特にこれは、商品数やページ数が多いサイトや、頻繁に情報を発信しているサイトであればあるほど、その恩恵も高いようです。また、PDFなどのデータを掲載しているサイトは、ファイル内もキーワード検索ができるため有用性が高いそうです。

 

中にはとても分かりやすいサイトを作成して、「サイト内検索は不要」だと考えている企業もあるかもしれません。ですが、株式会社スカラの「i-search」を利用することで、ユーザーニーズの調査が可能になるというメリットもあるようです。ユーザーがどんなキーワードで検索をしたかが履歴として残るので、企業側は展開しているサービスや商品に対して、ユーザーの関心や注目度などを調べることができるでしょう。

 

「i-search」は、他にもブランド価値向上やユーザーの誘導機会拡大、検索チューニングの実現などを期待することができるサービスで、キーワードランキングやLPO対策などにも有効だそうです。
代表の梛野憲克氏が目指す「人と企業をつなぎ、双方にとって役にたつサービス」として、「i-search」は評判も良いそうです。

 

株式会社スカラでは、他にも様々なシーンに適したサービスやコンテンツが展開されています。ユーザーとのコミュニケーションの機会を逃さず、さらに広げていくために、開発力の高さを武器に、どんどんコンテンツを拡充しているようです。