人と企業のコミュニケーションを支えるスカラ

人と企業のコミュニケーションを支えるスカラ

梛野憲克氏が代表を務める株式会社スカラは、東京に本社を置くインターネット関連企業です。企業サイトや、ECサイトなどを中心に、企業とユーザーの両者が使いやすくなるようなクラウドサービスを展開しています。特に、一つのサービスに集中するのではなく、いくつものサービスを企業の求める形に応じて統合していくことで、ニーズを的確に捉えた複合カスタマイズサービスを創り上げることを目指しているそうです。

 

他にも、人と人、人と企業のコミュニケーションを支えるツールとして様々なサービスを展開しています。例えば、ニュース配信や自動音声応答、サイト支援などのサービスがあり、これらをツールに、人と人、人と企業のコミュニケーションを拡大させているそうです。ユーザーが何に興味を持っているのか、どんな知識を持っているのかを探り、更に興味を持ってもらえるような情報を提供する。そして、それに対してユーザーが実際に興味を持ったかどうかを判定することで、新しい関心を獲得することができると考えているようです。

 

PCやスマートフォンの普及により情報化社会はよりめまぐるしく発展しています。パソコンなどは、「家族に一台」から「一人一台」を越え、一人が複数台を所有することも珍しくありません。その中で、代表の梛野憲克氏は、「外でもスマートフォンがあり、いつどこにいても人同士、あるいは人と企業は接しているといえる」時代だと考えているそうです。そんな日常的な機会の基盤として、IT技術は欠かすことのできないテクノロジーだといえるでしょう。

 

その中で、必要な情報やモノを必要なタイミングで提供することを目的とした企業が、株式会社スカラです。
株式会社スカラの業務は幅広く、これまでに1000社を超える取引実績があるそうです。中には大手企業や上場企業なども多く、高い顧客満足度を獲得していることがうかがえます。